food fare @UNIS

IMG_4329

IMG_4349

IMG_4344

IMG_4342

IMG_4345

IMG_4354

いやはや、世界を体験できるってのはすごい事だなと思いました。
UNISに通う世界各国の家庭の親御さんたちが作る世界の料理が一堂に会したイベント。
20カ国はあろうかという各テーブルにはそれぞれ10種類くらいずつはご自慢の料理が並ぶ。
とてもじゃないけど全ては食べきれません。
日本も毎年とにかく”すし”が大人気で、各家庭米5合分のノルマで持ち寄った力作。
イタリア、フランスなどは厨房コーナーに陣取って、やはり大人気。
中近東の香辛料の利いた煮込みなんかはやっぱりおいしいし、中米の豆料理とか、
各国のスイーツとか…もう目が回るほど。

えーと、肝心の一夜漬け折り紙ですが…シフトの1時間のノルマはなんとかこなすことが出来、
おしゃべり唇も、飛行機もリクエストあり。あとやはり手裏剣がこどもには受けてました。
やはり全般的に丁寧に折る事に慣れていないし、手順が多すぎると途中で飽きてしまうので、
シンプルイズベストの方向は正解だったかと。
こども、というかその親が意外と筒飛行機に感心してくれて、
作り方やら、上手い飛ばし方など、熱心に聞いてくれました。

イベント中、小学生はかき氷やポップコーンを自分たちで販売する、という役目があり、
自分達でお客さんの注文を聞いて、お金の受け渡しもして、商品を渡します。
Junior 2(2年生)の娘はかき氷の担当。
他の子もそうですがかき氷のシロップのプッシュが固く、
勢いづいて飛び散るシロップでベトベトになりながら、
それでも最後にはテンポよく注文、支払、商品準備、商品受け渡しの流れをこなしていました。
これは幹事の父兄たちが話し合って決めた取り組みだそうなのですが、
キッザニアの社会体験みたいでなかなか良い取り組みです。

なぜか折り紙一つで緊張して臨んだせいか、終わってちょっと脱力。
ほっとしたけど、もうちょっと飛行距離比べ大会っぽいとこまで持ち込みたかったなぁ…

コメントする

UA-19916095-1