Citi Bike

IMG_4602

IMG_4603

マンハッタンではあちこちでこうした光景が見られる様になりました。
Citibankが協賛する、自転車シェアステーション
100のステーションに10000台の自転車が用意されているそうです。
イマドキっぽくアプリも用意されていて、ステーションの位置や、
目的地付近への経路が確認できるんだとか。

マンハッタンは南北はバスも地下鉄があって移動できるのですが、
東西はバス道路のところでバス移動が出来るだけで、もちろん
ラッシュ時は渋滞するし、時間通りの移動が難しいんです。
これまた南北より東西の方がワンブロックが長いので、結構歩くことになります。
この自転車シェアが一つの解決となるかどうか。

気になるお値段は、
 24時間:$9.95+税
 7日:$25+税
で、この有効時間内で、30分以内の利用なら追加料金なしで何度でも使える、という形。
 30分延長は$4
 60分延長は$13
 以降30分毎$12
ということなので、30分以内の移動に使って最寄りのステーションに乗り捨ててくれ、ということなんですね。

年間$95で会員になると、45分間なら追加料金なしで使えるというプランもあります。
返却にステーションが一杯の時は、ステーションで”Request Time Credit”すると、15分無料で延長できるので、手じかなステーションを探して返してくれ、とステーションの説明書きには書かれていました。

これらを見てちょっと思うのは、はたして安いのか?という事です。
丸1日で1000円もするわけですよ。
バスや地下鉄は$2.25かかるのですが、往復$5.5として、
自転車の方が倍くらいするわけです。
単価を下げるために10000万円近い年会費払うかというと…
なら自転車買っちゃったほうが良くね?と。

まぁもちろんこちらでは盗難防止のすっごい装備を付けて自転車乗ってるのを見ると、そういう煩わしさなく乗り捨てできるというのはメリットなのかもしれませんが…
これから町でとれくらい乗ってる人を見かけるか、気にしてみたいと思います。

コメントする

UA-19916095-1